自分に合っためがね

自分に合っためがねとは

めがねは自分の顔に合ったサイズやデザインを選びます。
フレームの縦のサイズは、眉から顎までの長さと比べて3分の1が顔のバランスを崩しません。
フレームの横のサイズは、顔の幅と同じか、少し狭いものを選びます。
横幅より広いフレームのめがねは、目が寄って見えます。
顔の印象を変えないためには、フェイスラインに似たデザインが良いです。
目から上はフレームの上部分、目から下はフレームの下部分で見比べます。
髪の毛の生え際は、トップラインが同じであることや、頬のラインとサイドラインの曲がり具合が同じかを確認します。
眉の形とトップラインが合っているのが無難です。
また縁が太いフレームは、髪の毛や肌と馴染みやすい色にするとナチュラルな印象です。
顔の曲線に合わせると、立体的に見せることができます。
丸顔の人は、アクセントを上に持っていきます。
縦幅が浅く、横幅が狭いウェリントンやスクエアが似合います。
三角顔はアクセントが下にある方が良いので、オーバルやラウンドを選びます。
面長は、シャープなラインにするためボストンやウェリントン、四角顔はやや大きめではっきりしたボストンやラウンド、バレルを選びます。
卵型はどんなめがねでもバランスよくかけられます。

生活に役立つめがね

視力の悪い人を助けてくれる存在でもあるめがねは、現在様々な進化を遂げつつあります。
めがねと言えば厚いレンズで、勉強のしすぎや本の読みすぎで視力が悪くなった人がかけるというイメージでしたが、現在におけるめがねは、ファッションのひとつとも言える存在になりつつあります。
フレームがデザイン性に富んでいるものや、レンズ自体がはめこまれておらず伊達めがねとしてかけるものなど、その用途は様々です。
老眼鏡やパソコンのブルーライトを軽減するもの、紫外線カットを目的としたサングラスなど、用途が実に幅広く利用されています。
また昔はかなり高価なものでしたが、現在はかなり安価なものも多く出ていて、割れやすいガラス製のレンズだけでなく、プラスチックを用いた割れにくいものが増えてきています。
安価なものは尚更ファッション用として重視されていて、3本セットなどとして販売している所もあります。
ひとりにつき1本という時代は終わりを告げ、ファッションに応じてスタイルを変えることが出来るアイテムとして、注目を集めています。
また店頭販売のイメージが強いめがねですが、今はインターネットでも購入することが出来ます。
自分のデータを持ち込んで、かなり安価で購入することが出来るため、利用者も増えてきています。

Valuable information

大阪市の中古マンション
http://sumaikukan.com/
iphone買取 名古屋
http://iphoneyabacho.com/
プロポリス
http://www.yakuin-organic.co.jp/lp/propolis/
還暦祝い プリザーブドフラワー
http://coco-shop.jp/html/cyouzyu.html
ピロリ菌 検査
http://xn--rdk1bi9393cey6aukp.com/
ダイビング 東京
http://www.eastdive.com/
猫の本
http://sigen.info/index.php?%E7%8C%AB%E3%81%AE%E5%8D%A0%E3%81%84%E3%80%80%E6%9C%AC
成人式 前撮り 岡山
http://seijinshikimaedori-okayama.jp/

2016/8/23 更新

copyright(c) 2015 「Megane」 all rights reserved.