正しい度数

めがねの正しい度数を知ろう

めがねを作るときにまず度数を決めますが近視の場合は、より遠くが見えるようについ度数をあげたくなります。
しかし度数が強すぎると逆に目が疲れてしまいます。
夜間の運転が多いような人は両目で1.2まで上げる事がありますが、一般的には1.0位が適切です。
遠くを見るために度を強くしためがねは、近くを見る時により強い力でピントを合わせなければなりません。
そうすると、ピントを合わせる筋肉が疲れやすくなるのです。
日常生活では遠くを見たり近くを見たりするので度の強いめがねでは常に目を緊張させる事になります。
特に最近はスマートフォンやパソコンなど近くの物を見る事が多いので、度が強いと眼精疲労の原因にもなります。
老眼の場合はピントを合わせるのに多少時間がかかるので、バランスを見ながら1.0よりも少し弱めの度にする事が多いです。
近視の場合でも日常生活では1.0あれば問題ないでしょう。
しかし必要に応じてより高い度のめがねをかけたいのであれば、もう一つ作っておくのが良いでしょう。

めがねの度数が合わなくなったら

めがねを新調してから長く使い続けていると、見えづらくなってきたような事を感じる事がありますが、それは新調した時の度数より度がすすんでしまった証拠です。
めがねは、かけ続けていると度がすすむそうです。
めがねは時々しかかけないという人は度のすすみは遅いそうです。
では、度数が合わなくなったらまた購入し直さなければいけないのか?そうではありません。
既存のフレームは使えます。
レンズのみを交換する事ができるので、フレームが気に入っていればレンズだけを交換すると良いでしょう。
また新調した時と同じお店でレンズ交換を行う場合、新調した時に測ってもらった度数などを記した用紙があると思いますが、それを持っていくと比較的スムーズにレンズのみの新調ができます。
新調する際は少し上の度数で頼むと余計に度がすすむ原因にもなりますので、度を合わせる時はジャストで見える範囲で合わせてもらい、できれば定期的に視力検査なども行くと良いかと思います。
あとは日々めがねをつけ続けるのではなく、外せる時には外すようにすると、度のすすみを遅らせる事もできます。

check

原付の廃車を検討する
http://www.bike-poi.com/

2017/2/7 更新

copyright(c) 2015 「Megane」 all rights reserved.