PCレンズ

パソコン用のブルーライト対策めがね

パソコンを日常的に使われる方で目の疲れを感じる方は多いのではないでしょうか。
パソコンが発するブルーライトは長時間見続けると目にダメージを与えると言われており、最近では様々なメーカーからブルーライトをカットするめがねが発売されています。
ブルーライトカットめがねを選ぶ際には、カット率に注目して選ぶと良いでしょう。
どのメーカーも「カット率30%」というように、そのめがねをかけることによってどのくらいブルーライトがカットされるか表示しています。
カット率が高い方が目を守る力が高いと言えます。
また、毎日かけることになるため、かけごこちや見え方などを実際にめがねをかけて試して購入することが大切です。
サイズの合わないものを使うと、大きければずり落ちたりすることもありますし、小さい場合は耳の裏が痛くなったり、しめつけられるような感じがしたりしてしまうからです。
注意点としては、ブルーライトカットめがねは、レンズに色が付いているものがあるため、webデザイナーなど色を扱う職種の方は無色のものを選び、見え方に影響が無いようにする必要があります。

「パソコン用めがね」で健康な目を!

多くの人が、仕事や勉強でパソコンを使っていることでしょう。
加えて、スマートフォンの普及により、常に画面を見て生活する時代になりました。
すでに話題になっているように、パソコンやスマートフォンの画面からはブルーライトが発光されており、目の奥まで届いてしまうことから、目の病気の危険があると心配されています。
その問題を解決すべく発売されたのが、ブルーライトをカットするパソコン用めがね、いわゆるPCめがねです。
すでに多くのメーカーで販売しており、しかも安価で購入できるため、特に、IT関係の職に就いている人を中心に利用者を伸ばしています。
比較的ブルーライトのカット率が高いと言われている色つきのタイプや、見た目の影響があまりない色が付いていないタイプなど、レンズの種類も豊富です。
また、もともと視力が悪い人は、度付き+ブルーライトカット機能付きのパソコン用めがねもあります。
使い方は人それぞれで、度付きのものを使用する人もいれば、コンタクトをして、度なしのPCめがねを使用する人もいます。
度が付いていないPCめがねであれば、通信販売でも簡単に購入ができます。

recommend

福岡 注文住宅

最終更新日:2017/6/16

copyright(c) 2015 「Megane」 all rights reserved.